Wisconsin Cup Golf .....Planning

ウィスコンシンカップ懇親ゴルフ大会(打ち合わせ)

我らがウィスコンシン州には、ゴルフ場が世界一多い国であるアメリカの中でも屈指のゴルフリゾートがあります。ウィスリングストレイツ、エリンヒルズ、サンドヴァレーリゾートなど、ウィスコンシン大学出身の方には一度はプレーしていただきたいゴルフコースがたくさんあるのです。

ウィスコンシン大学のホームコースであるユニバーシティリッジは、全米のカレッジコースの中で上位にランクされ、BIG TENカンファレンスの大学の中ではトップです。また、マディソンの近郊には、格安でプレーを楽しめるゴルフコースも多く、同窓会にはゴルファーの方々が大変多くいらっしゃいます。そのような方々が、ゴルフを通じて親睦を深める「ウィスコンシンカップ」と命名した懇親ゴルフ大会を、数年前から開催して来ました。

今年春に川奈ホテルゴルフコースで予定していたウィスコンシンカップは、ゴルフ場が一時閉鎖となったのに伴い中止となりました。そのため、12月に行われたBIG TEN懇親ゴルフ大会の報告と、来年のウィスコンシンカップの計画のため、12月21日(月)大阪ゴルフクラブを訪れました。参加したのは、山本会長、上野副会長、会員の山本さん(山本会長の奥様)、企画担当の林の4名です。

大阪ゴルフクラブは、和歌山県との県境に近い淡輪にあります。温暖な気候の土地に、海を臨むゴルフコースが開場されたのは、昭和12年です。東の川奈、西の淡輪と呼ばれる大阪ゴルフクラブのロケーションは、ミシガン湖畔にあるアメリカンリゾートのストレイツコースを思わせます。素晴らしいコースを目の前にした高揚感は、アメリカも日本も同じです。

海を見れば川奈、山を見れば雲仙、フェアウェイのうねりは仙塩、そして振り返れば熱海GCのような景色が広がるコースの素晴らしさは、ウィスコンシンで例えるならば、ウィスリングストレイツの湖岸の稜線、エリンヒルズのフェアウェイのうねり、そしてサンドヴァレーの荒涼としたウェイストエリアの景色の広大さにも通じます。

大阪ゴルフクラブでは、打ち合わせを忘れプレーに没頭してしまいました。しかし、来年こそはウィスコンシンカップを是非とも開催したく思います。具体的な日程や場所が決まり次第、同窓会の皆さまにお知らせさせていただきます。

WAAJ アスレチック委員長 林さん 大阪GCにて 2020Dec21

WAAJ アスレチック委員長 林さん 大阪GCにて 2020Dec21

TOP

MENU