株式会社タツノ工場見学 7月28日

タツノ横浜工場

@④日時:7月28日(金曜日)
場所:根岸線大船駅のタクシー乗り場に12:45集合@
訪問先:株式会社タツノhttp://www.tatsuno.co.jp/
龍野社長のお話をお伺いします。ガソリンスタンドのシステムで日本とアジアのトップ企業です。
募集人員は20名。3時終了。参加費無料。

@④申し込み方法:@


Google Formからお申しこみください

@④会社ご紹介@

明治44年創業の日本で最初にガソリン計量器を開発した会社で、今年で創業から107年です。ガソリンスタンドのすべてのシステムを提供するメーカーで国内シェア6割、海外の売り上げが全体の3分の2で社員数1145名というがんばる日本のメーカーです。

JRで横浜から大船駅に到着するころ電車の左手にみえてくるのが横浜工場で、まわりは住宅街で正門の前には森がひろがっており、敷地内を流れる川の手前に切削工場や研究棟があり、川の向こう側に大きな組み立て検定工場が配置されており、広大な公園のようにきれいな工場です。

本社屋3Fのショールームで龍野社長から会社の歴史と燃料に関するお話をおうかがいします。原油の蒸留から燃料に関することは小学生の夏休み自由研究にはぴったりです。ぜひ今年の夏休みのお孫さんの夏休み自由研究として一緒に訪問してください。まずショールームで製品の説明を聞き、そのあとで組み立て工場とポンプ切削工場を見学します。計測装置の誤差は必ずプラス側にふれる、工場のジャストインタイムなど日本の製造業のちからを感じることができます。

この会社にはトリビアがたくさんあります。
蒸留塔(トッパー)で重い順にアスファルト、重油、ナフサ(ペットボトルの原料)・ガソリン、LPGと分類されます。
・このうちガソリンは2割ほどの割合
・LPガスはブタンとプロパンとなる
LNGとLPGの違いは?LNGはLiquid Natural Gas
・雑学:鉄の生産は中国が6億トン、日本、アメリカ、ヨーロッパがそれぞれ1億トン
質問:今後電気自動車が増えるとガソリンはいらなくなるのでしょうか?
世界人口は72億人。現在走っている車は10億台。現在売られている携帯電話は72億台、将来地球上の人口が90億になるときに車は20億台になるといわれている。
電気自動車のテスラは10万台を売りました。新型テスラ3は30万台の受注を受けていると言われています。リーフは10万台つくりました。これは使われている車の2万分の一です。キーワードはエネルギーミックスです。多様なエネルギーが今後は使われるようになるでしょう。まだまだ石油はコストが安いのです。

TOP

MENU